泥医(ドロッポ医)による、泥医のためのブログ。

Twitter

独太
独太

このサイトは、ドロッポ医によるドロッポ医のためのサイトです

ドロッポ医とは

  • 仕事は熱心にやらない
  • 仕事内容は、負荷の少ないものだけ

というライフスタイルを実践する、「ドロップアウトした医師の略語」です。

独太
独太

苦しみながら医師として奮闘するのは確かにスゴい

独太
独太

でも医師も人間、無理ならドロッポしたって別に良い

人材業界最大手のマイナビが運営しています。

ドロッポ生活を安定させるには、複数の定期非常勤先を持つのがオススメです。

定期非常勤・常勤など、メインとなる職場探しに役立ちます。

定期非常勤はもちろん、スポットバイトも非常に豊富。

全国47都道府県を網羅している、業界大手の紹介サイトです。

ドロッポ医にとって、スポットバイトに強いサイトは必要です。

ドロッポ医になるなら、医師賠償責任保険は必須です。

自分の身は自分で守らなければなりません。

民間医局で賠償責任保険に入りつつ、バイトを紹介してもらいましょう

ドロッポ医というのは、非常に不思議な職業です。

時間とお金には、それなりに余裕があります。

それでいて上司がおらず、誰かに何かを言われる事もありません。

しかし完全に自由ではなく、ある程度しばられた条件で働かなければなりません。

これくらいのバイト代で、これくらいの拘束時間。

まるで自分が自由に選択しているように思えるのですが、よくよく考えると誰かに提示された選択肢の中から選んでいるわけで、制限されていると言えます。

僕はこの状況を「労働者貴族」と呼んでいます

労働者であり、誰かの提示された条件で働く事に不自由さはあるものの、現状時間とお金にはかなり余裕のある生活ができるわけです。

ある意味、資本主義から逸脱した、不思議な生き物であると言えると思います。

医師免許があるだけで、こんな世の中でまるで貴族のように生きる事ができる。

独太
独太

ドロッポ医というのは、非常におトクな生き物です

このサイトのコンテンツは、以下のとおりです。

ドロッポ医師の1週間については、とあるドロッポ医の1週間に詳しく記載しています。

とあるドロッポ医の1週間
ドロッポ医は一体どんな1週間、1ヶ月を過ごしているのだろう。 非ドロッポ医からすれば、気になると思います。 独太 今回はドロッポ医である僕が、ドロッポ医の生活を赤裸々に公開します とあるド...

またドロッポ医のメリットデメリットで、どんな人がドロッポ医に向いているか、記載しています。

ドロッポ医のメリットデメリット
ドロッポ医は、何もかもがラクというイメージを持たれがちです。 独太 しかしながら、メリットとデメリットがあります ドロッポ医のメリット ドロッポ医のメリットは 時間的に自...

そしてドロッポ医になる具体的な手順では、具体的にドロッポ医になるための手順、ノウハウやコツを記載しております。

ドロッポ医になる具体的な手順
もしあなたが よし!ドロッポ医になるぞ! と決めたなら、やる事は簡単です。 変なプライドを捨てる 田舎に行く 産業医を取得する 色々なサイトに登録し仕事を探す 人生を楽しむ の5つを実行に...

ドロッポ医として長生きするための3つのコツについても、まとめてあります。

ドロッポ医として長生きするための3つのコツ
ドロッポ医になるにあたって、心理的にハードルになるのが ドロッポ医として、安定して仕事にありつけるだろうか? という疑問でしょう。 いざドロッポしてみたけど、すぐにクビになって仕事が無くなった、なんて事になったら目も当てられません...

最後にドロッポした後の生き方のコツで、ドロッポ後に役立つTipsを書いています。

ドロッポした後の生き方のコツ
ドロッポした後、いわゆる普通の勤務医としてのキャリアは自ら閉ざす事になるわけですが、そんなドロッポ医には、ドロッポ医なりの生き方があると僕は思っています。 ドロッポ生活を始めて、抱える問題は 孤独 思ったより仕事が...

ドロッポ医になるには、なんとなく医師としてのプライドが許さない、そんな先生も多いと思いますが、ハッキリ言って最高です。

独太
独太

プライドさえ捨ててしまえば、貴族の生活が待っていますよ

人材業界最大手のマイナビが運営しています。

ドロッポ生活を安定させるには、複数の定期非常勤先を持つのがオススメです。

定期非常勤・常勤など、メインとなる職場探しに役立ちます。

定期非常勤はもちろん、スポットバイトも非常に豊富。

全国47都道府県を網羅している、業界大手の紹介サイトです。

ドロッポ医にとって、スポットバイトに強いサイトは必要です。

ドロッポ医になるなら、医師賠償責任保険は必須です。

自分の身は自分で守らなければなりません。

民間医局で賠償責任保険に入りつつ、バイトを紹介してもらいましょう

タイトルとURLをコピーしました